Home > イベント > 浦佐毘沙門堂 裸押合い大祭

浦佐毘沙門堂 裸押合い大祭



行ってまいりました!
奇祭!
浦佐毘沙門堂 裸押合い大祭!!

VITA倶楽部イベントとして、
去年に引き続き、今年も開催したのですが、

今年こそ参加したい!
ということで、
満を持して参加してきました!!


もちろん、
裸になったわけではありませんヨ。

このお祭りは、
今から1200年前ころに誕生したお祭りで、
坂上田村麻呂将軍が自信の守本尊「毘沙門天」を浦佐の地に御堂を建て
お祀りして「国家安穏」「五穀豊穣」「家内安全」を村人と共に祈り、
そして祝宴の中で歌い踊って士気を鼓舞したとことがはじまりといわれています。

今のように男たちが裸になって押し合う祭りの形は
最初からあったものではなく、

年々にぎわいと混雑を極めていく祭りの中で、
徐々に多くの信者がほかの者より早く参拝しようと、
もみ合い押し合うことで熱を帯び、
年頭にその年の除災招福を願う心から、
水行をして参加するようになったことから、
次第に裸になって押し合う現在の祭りの形が出来上がったとされています。


そして!
裸の男たち!
null

大きなローソクをもって行進中。。
こうしている間にも、肩や背中にダラダラとローソクは垂れております。。
そんなに熱くないとのこと。。
でもコワイデス。

null
真言を唱えながら、水行。
見ているだけで、
鳥肌立ちます!
すごい迫力!!

null
担がれている人が手にご利益のあるものをもって、
境内の中に入り投げる。
それを男たちが押し合いながら取り合う。
といういうのが一連のストーリーらしく。
これは、その出だしの写真。
今からご利益が境内の中に入っていきますよー!
というものです。
なんだか神秘的!


すべての動作に物語があるようで、
思わず見入ってしまいます!!

境内の中は裸の男しか入ることは許されず、
残念ながら、写真を撮ることはできませんでした。。
でも、
ちょっぴり見えたその中は。。
もうすごい迫力!
熱気!

圧巻でしたー!

null
境内からすこし離れたところに
今まで男たちに担がれていた大きなローソクが。
写真スポットになっていました!

お寺から少し離れたところには、
もちろん祭りらしく
屋台もずらり!
null

近くに住んでいながら、
初めて参加したこのお祭り。。!
こんなに神秘的なお祭りが近くで開催されていると思うと、
とっても誇らしい!

なんだかやみつきになりそうです♪



null
男たちの背中。

comment closed:
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。

Home > イベント > 浦佐毘沙門堂 裸押合い大祭

Search
Feeds
4033603

Page Top